眼瞼下垂

眼瞼下垂とは

眼瞼下垂は、上まぶたが垂れ下がってきて見えにくくなったり、視野が狭くなったりする状態です。

眼瞼下垂の原因・症状

原因

生まれつき目が開きにくい先天性と、さまざまな原因によって発症する後天性があります。
後天性の主な原因は加齢によるもので、まぶたをつり上げる筋肉(眼瞼挙筋)の働きが悪くなったり、皮膚がたるんでくることが原因です。
ハードコンタクトレンズを長年使っている方、まぶたをよくこすってしまう方にも起こることがあります。外傷によるケースも見られます。

症状

軽度 正面を見たときに、上まぶたが黒目にかかるが瞳孔にはかかっていない
中等度 正面を見たときに、上まぶたが瞳孔の1/3ほどかかる
重度 正面を見たときに、上まぶたが瞳孔の半分以上にかかる
中等度以上では、下記のような症状が起こることがあります。
  • まぶたが重くてうっとうしい
  • 視界が狭くて見えにくい
  • 目が疲れる
  • 肩こり、頭痛がある

眼瞼下垂の手術

中等度から重度の場合は、日帰り手術で治療をします。
加齢性の眼瞼下垂では「拳筋前転術」という術式をとるのがほとんどで、たるんでしまった眼瞼挙筋に糸をかけたるみを解消します。
機能回復だけではなく見た目も美しく仕上げるために、当院では形成外科専門医を招いて手術を行っています。
眼瞼下垂手術の費用については、当院までお問い合わせください。

手術当日の流れ

1ご来院

ご来院手術の30分ほど前にご来院いただき、受付をします。

2手術

手術局所麻酔をした後、手術を行います。
個人差はありますが、時間は片目で40分ほど、両目で1時間半程度です。

3術後

術後は少しまぶたの部分が腫れますが、時間とともにその腫れは引いていきます。
30分ほどしっかりアイシング(患部を冷やすこと)をした後に帰宅します。冷やすことで、術後のまぶたの腫れや皮下出血が少なくなります。
手術当日と翌日は、ご自宅でもアイシングをしていただきます。(保冷剤を入れた特殊なアイマスクを購入して頂きます。)
通常通りの生活をしていただけますが、目をこすらないようにご注意ください。
個人差にもよりますが、腫れは数日で、皮下出血は1週間〜10日くらいでひきます。手術後約1週間で抜糸を行い、術後2週間くらいまで経過を診ます。

須恵中央眼科からのお知らせ

インターネット初診受付サービス

共に成長し、楽しく働きませんか?共に成長し、楽しく働きませんか?

共に成長し、楽しく働きませんか?

RECRUITMENT 人の気持ちを理解し、思いやりのある方を募集しております! RECRUITMENT 人の気持ちを理解し、思いやりのある方を募集しております!

須恵中央眼科

〒811-2114 福岡県糟屋郡須恵町旅石58-3

診療時間
9:00~12:00 -
14:00~17:30 - - -

休診日:水曜午後・土曜午後・日曜・祝日