緑内障

緑内障とは

何らかの原因によって視神経が障害を受け、視野が狭くなったり、部分的に見えなくなったりする病気で、発見や治療が遅れると失明に至ることもある怖い病気です。
初期の場合、自覚症状がほとんどなく、早期発見が難しいため、40代以上の方には定期的な眼科検診を受けることをおすすめします。

緑内障の原因

緑内障による視神経の障害は、眼圧(目の硬さ)が上昇することによって起こります。
日本人の場合は「正常眼圧緑内障」が多く、眼圧が正常範囲にも関わらず緑内障になる人がいます。
緑内障の頻度は40歳以上の日本人の25人に1人くらいの割合で、比較的多い病気です。
遺伝的素因で起こる場合も多く、家族に緑内障の患者さんがいる場合、早めの受診をお薦めします。

房水と眼圧

目の中は房水とよばれる液体が流れています。房水は毛様体で作られ、シュレム管から排出されます。目の形は、この房水による圧力により保たれていて、これを眼圧とよびます。眼圧は時間や季節によって多少変動しますが、ほぼ一定の値を保っています。

緑内障の症状

初期は自覚症状がほとんどなく、発症から徐々に進行していくことが多く、気づいたときはすでに末期になっていることがあります。

初期 目の中心を少し外れたところに、暗点(見えない点)ができる。
中期 暗点が大きくなり、視野が狭くなる。
末期 視野がさらに狭くなり、視力が低下して日常生活にも支障がある。放置すると失明に至る。

※実際には両目で視野をカバーしたり、目を動かしたりしているため、症状に気づかないことが多いものです。緑内障の早期発見・早期治療のためには、定期検診が大事です。

緑内障の検査

眼圧検査 眼圧は1日の中でも、また日によっても変動しますので、受診の際は必ず測定します。
眼底検査 視神乳頭部を観察して、視神経の状態を調べます。
視野検査 数ヶ月に1回、見えている範囲の検査を行い、緑内障の進行状況を判定します。

緑内障の治療

病気の進行を遅らせるために、眼圧を下げる点眼薬を使って治療します。
点眼薬によって十分眼圧が下がらない場合、外科的手術を行います。

初めて来院される方へ インターネット初診予約受付サービス
高い安全性、安心の実績 日帰り白内障手術 まぶたが下がる、重いと感じる方 眼瞼下垂手術 40歳を過ぎたら年に一度検診 緑内障 加齢黄斑変性や糖尿病網膜症に対する 抗VEGF療法手術 その他の目の病気・症状 院長ブログ 須恵中央眼科 Facebook