2012.08.28更新

☆★☆★眼科検診でよく耳にする言葉 -その3- ☆★☆★

検査室や外来でよく見かけられるものに、この視力検査表があると思います。
運転免許試験場では、免許更新時にする検査で見かけることがあるでしょう。
須恵中央眼科でも、この視力表が【検査の入口】になります。

視力検査表

静止視力を測定する方法として、日本において最も広く用いられている視標が
ランドルト環(ランドルト氏環)です。これは大きさの異なるC字型の環の開いている
方向を識別することによって、2点が離れていることを見分けられる最小の視角を測定
するものです。
ランドルト環はフランス眼科医エドマンド・ランドルト先生、
(Edmund Landolt 1846-1926)によって開発され、彼の名前がそのまま名称となっています。
1909年イタリアの国際眼科学会で国際的な標準視標として採用され、
国際標準ランドルト氏環と呼ばれるようになりました。

※ランドルト環は規格が統一されているので、
 その環を拡大・縮小することで静止視力をはかれるのです。
landolt.gif ●直径7.5mm/太さ1.5mm/切れ目幅1.5mmが統一規格

この切れ目を5メートルの距離で識別できれば、視力1.0 です。
10メートルの距離でも識別できれば、視力2.0です。
反対に2.5メートルに近づかないと識別できない場合、視力は0.5となりますが、
いちいち距離を変えて測定するのも大変なので、指標のサイズを変えて一覧表にして測定します。

検査する静止視力は2種類あります。
●裸眼視力
●眼鏡・コンタクトをつけたまま測る矯正視力

これにより眼鏡による矯正視力の確認も必要となります。
眼鏡の度数は、検査員が患者様の見え方を確認しながら行っていきます。これを当院では【眼鏡合わせ】と呼んでおります。
矯正視力検査

視力の検査はこれだけではありません。
角膜の状態や屈折値の確認(オートレフ検査)も必要となってきます。
このオートレフ検査では、

・その人の目が遠視か近視か乱視なのか、また、その場合の程度はどのくらいなのか?
・屈折力はどれくらいで、角膜の形や曲率はどのようになっているのか?

などのことを調べております。この検査の詳細は、またお話しいたします。

★見えにくくなったら まずは眼科へお越し下さい★

須恵中央眼科では地域の【よろず相談所】としての役割を担っております。

視力検査の結果を元に、目の状態を説明することは【医療行為】であり、
医師にのみ許されたものです。たとえば、視力の低下がサインとなる
【白内障】【緑内障】【飛蚊症】など、他の疾病が判明することも十分考えられます。
眼鏡屋さんやコンタクトショップでの簡易検査だけでは、見抜けないものがたくさんあるのです。

当院では、患者様の目の状態をきちんと把握して、
その後の矯正方法や、治療方法をお伝えすることが一番大事と考えております。

見え方のご相談がある方は、いつでもお気軽にお越し下さい。

 

投稿者: 医療法人須恵中央眼科

初めて来院される方へ インターネット初診予約受付サービス
高い安全性、安心の実績 日帰り白内障手術 まぶたが下がる、重いと感じる方 眼瞼下垂手術 40歳を過ぎたら年に一度検診 緑内障 加齢黄斑変性や糖尿病網膜症に対する 抗VEGF療法手術 その他の目の病気・症状 院長ブログ 須恵中央眼科 Facebook