2012.08.10更新

☆★眼科検診でよく耳にする言葉 -その1-★☆

皆さんは視力検査をされたことああると思います。そのなかで…

・正視
・近視
・遠視
・乱視

このような言葉を聞いたことはありませんか?
いったいこの言葉はどういう事を指すのでしょうか??

この言葉はそれぞれ視力の屈折異常(非正視)の分類用語となります。
違いを理解することはメガネやコンタクトレンズを装用する上でとても重要なことですから、
是非おぼえてみて下さい。
(以下は【老眼・老視】とは全く別物です。【老眼・老視】については別に掲載します。)

●初めは基本的な【正視】について

目の中にあるレンズ(水晶体)の周辺にある筋肉は、水晶体の屈折力を状況に応じ変化させる役割
(調節)を担っています。特に近くを見ようとするときは、屈折力が大きくなるように
水晶体の厚みを増加させています。目はこのような調節を自動で行っています。

上に書いたような調節を全く行わない状態で、
光(平行光線)が神経の膜である網膜にぴったり焦点を結べるような目を正視眼と呼びます。

眼の仕組み

*正視眼では何もしない状態で像が網膜にピタッと結像する状態をさします。しかし上の図のように正しく焦点を結ぶことができない眼を屈折異常、非正視と呼んでいます。

これには近視・遠視・乱視の3種類があります。

● 近視
調節をしていない条件で、光(平行光線)が網膜より前に焦点を結んでしまう状態です。
遠くを見たときは網膜に焦点が合わずにぼんやりしていますが、近くにあるに対しては
焦点を合わせてみることができます。

角膜や水晶体の屈折力が強すぎるために起こる近視と、
眼球の長さが伸びてしまうために起こる近視とがあります。

眼の仕組み

*近視の屈折異常では遠くの物がぼやけてしまいますが、近くのものに関しては見えます。

 

●遠視

調節をしていない状態で光(平行光線)が網膜より 後ろで焦点を結んでしまう状態です。
遠くも近くもはっきりと見ることができません。
角膜や水晶体の屈折力が弱いために起こる遠視と、眼球の長さが短いために起こる遠視とがあります。
小さいお子さんの遠視では、調節を最大限に働かせて焦点を網膜に近づけようとすることを
無意識のうちに行っている場合があります。

眼の仕組み

*遠視の屈折異常では遠くも、近くもぼやけてしまいます。

●偽近視

俗に「仮性近視」と呼ばれるものです。何らかの原因で調節が過度に働いたままの状態になってしまって いるものです。正視、遠視、近視のいずれでも起こり 得ます。正視の人では近視に、近視の人ではより近視が強く、遠視の人では遠視が軽くなったようになりますが、いずれも見かけ上のものです。調節を一時的に麻痺させることのできる目薬を使い検査をすると、特徴的な屈折の変動が確認でき、診断することが可能です。

*副交感神経のはたらきを麻痺(まひ)させて、瞳孔(どうこう)を広げる(散瞳)薬です。血管収縮剤を加えて、効果を高めた薬もあります。前眼部の炎症、低眼圧、仮性近視などの治療の他、眼底検査や目の手術の前処置に使用されます。

●乱視

乱視の原因は主に角膜と水晶体の歪みによるものです。理論上、眼球が均一な球体なら、乱視は生じないことになりますが、人間の目は大なり小なり歪みがあるのが普通です。歪みがあると、角膜や水晶体を通過して入ってくる光の方向が均一ではなくなります。多くの乱視は、近視や遠視と同様に補正レンズで矯正することが可能ですが、角膜の病気などが原因で起こった乱視は矯正することが困難になることもあります。

乱視

*角膜や水晶体の形のゆがみは個人で様々のため、検査を細かくしてどのような形かを解明する必要があります。

乱視

*正視の見え方      *乱視の見え方の一例

須恵中央眼科には糟屋郡の須惠町だけではなく、志免町、篠栗町、宇美町などからも
たくさんの患者様がご来院されます。まず行う検査がこの視力検査になります。

患者様の目にどのような屈折異常があるのかは一番最初に知るべき重要な情報です。
特殊な屈折異常に対しては、特殊コンタクトレンズや特注の眼鏡も処方できる態勢を
常に整えてますので、ご安心してご来院下さい。

*上記内容・図に関しては日本眼科学会 目の病気 (近視・遠視・乱視) 参照・抜粋しております

 

 

投稿者: 医療法人須恵中央眼科

初めて来院される方へ インターネット初診予約受付サービス
高い安全性、安心の実績 日帰り白内障手術 まぶたが下がる、重いと感じる方 眼瞼下垂手術 40歳を過ぎたら年に一度検診 緑内障 加齢黄斑変性や糖尿病網膜症に対する 抗VEGF療法手術 その他の目の病気・症状 院長ブログ 須恵中央眼科 Facebook