眼瞼下垂手術

眼瞼下垂とは

上まぶたが垂れ下がってきて、見えにくくなったり、視界が狭くなったりする状態です。

眼瞼下垂の原因

生まれつき目が開きにくい先天性と、さまざまな原因によって発症する後天性があります。
後天性の主な原因は加齢によるもので、 まぶたをつり上げる筋肉(眼瞼挙筋)の働きが悪くなったり、皮膚がたるんでくることが原因です。
ハードコンタクトレンズを長年使っている方、まぶたをよくこすってしまう方にも起こることがあります。外傷によるケースも見られます。

眼瞼下垂の症状とは

軽度 正面を見たときに、上まぶたが黒目にかかる
中度 正面を見たときに、上まぶたが黒目の1/3ほどかかる
重度 正面を見たときに、上まぶたが黒目の半分以上にかかる

中度以上では、下記のような症状が起こることがあります。

  • まぶたが重くてうっとうしい
  • 視界が狭くて見えにくい
  • 目が疲れる
  • 肩こり、頭痛がある

眼瞼下垂の手術

中度から重度の場合は、日帰り手術で治療をします。
たるんで動きが悪くなった眼瞼挙筋を、糸で縫ってたるみを解消します。
機能回復だけではなく見た目も美しく仕上げるために、当院では形成外科専門医を招いて手術を行っています。
保険治療の場合、両眼の手術費用は3割負担の方で21,000円程度です

手術当日の流れ

1ご来院

手術の30分ほど前にご来院いただき、受付をします。
時間は片眼で40分ほど、時間は1時間半程度です。

2手術

局所麻酔をした後、手術を行います。
時間は片目で40分ほど、両目で1時間半程度です。

3ご帰宅

30分ほどしっかりアイシング(患部を冷やすこと)をした後に帰宅します。
冷やすことで、術後のまぶたの腫れや皮下出血が少なくなります。

4帰宅後

翌日までは、ご自宅でもアイシングをしていただきます。
通常通りの生活をしていただけますが、目をこすらないようにご注意ください。
抜糸は1週間後になります。

初めて来院される方へ インターネット初診予約受付サービス
高い安全性、安心の実績 日帰り白内障手術 まぶたが下がる、重いと感じる方 眼瞼下垂手術 40歳を過ぎたら年に一度検診 緑内障 加齢黄斑変性や糖尿病網膜症に対する 抗VEGF療法手術 その他の目の病気・症状 院長ブログ 須恵中央眼科 Facebook