その他の目の病気・症状について

ドライアイ

ドライアイとは

目の表面を保護する涙の分泌が少なくなったり、質的な異常によって、角膜や結膜といった目の表面の粘膜(オキュラー・サーフィス)が障害されることによって起こります。
さまざまな要因があり、大気汚染、エアコンなどによる空気の乾燥、パソコンの長時間使用などが原因として考えられます。

症状

主に下記のような症状が見られます。

  • 目が乾く
  • 目が疲れやすい
  • 目に違和感がある
  • かすんで見える
  • 瞼が重い

治療法

ドライアイは放置していると重症化して、治りにくくなることもあります。
目に不快感があるときは、早めに眼科を受診しましょう。
治療方法は、主に点眼薬を使って目の乾燥を防ぎ、粘膜の状態を良くしていきます。
重症の場合は、外科治療を行う場合もあります。涙点プラグというものを涙の排出口である涙点に挿入し、ふさぐことによって涙を目の表面にため、涙の量を増やす治療法です。この治療法は当院でも行っております。

 

飛蚊症

飛蚊症とは

ものを見ているときに、黒い虫のような浮遊物が飛んでいるように見える状態のことです。
形や大きさはさまざまで、まばたきをしたり目をこすったりしても消えません。
明るい場所や白い壁、青空を見ているときに症状が表れ、暗いところでは気にならなくなります。

原因

眼球の中にある透明なゲル状の硝子体に、何らかの原因で濁りが生じ、その影が網膜に映って、黒い虫のように見えている状態です。この濁りには、生理的なものと、老化によるもの、目の病気から生じているものがあります。

生理的な飛蚊症

生まれつき、老化現象、近視などの生理的な飛蚊症は特に心配ありません。
自分では生理的なものかどうか判断は難しいので、飛蚊症の症状があるときは検査をおすすめします。

病的な飛蚊症

急激に浮遊物の数が増えたり、形が変わったり、視力低下の症状があるときは要注意です。目の病気が原因で飛蚊症が現れているときは、早期治療の必要があります。
網膜剥離、網膜裂孔、硝子体出血、ぶどう膜炎など病気が潜んでいることがありますので、症状が変化したときはすぐに眼科の検査を受けましょう。

検査

飛蚊症があるときには、精密眼底検査をします。
瞳孔を開く目薬を差して眼底を詳しく調べますので、検査後は数時間ピントが合いにくくなったり、光がまぶしくなったりします。
その間の車の運転はできないため、公共の交通機関などを利用してお越しください。
検査によって異常が見つかったときは、病気に対する適切な治療を行います。

加齢黄斑変性症

加齢黄斑変性症とは

網膜の中心にある黄斑(おうはん)という場所にという、加齢にともなう変化でダメージを受け、視力が低下する病気です。黄斑は網膜の中心部分にあり、ものを見るときに重要なはたらきをしています。

加齢黄斑変性症の原因

主な原因は加齢によるものです。
新生血管が発生して黄斑が障害される「滲出型」と、細胞の組織が徐々に委縮する「委縮型」があります。

加齢黄斑変性症の症状

下記のような症状が見られます。

  • ものが歪んで見える
  • 色の区別がつきにくい
  • 視野の中心が暗い・欠けて見えない
  • 視力が低下する

加齢黄斑変性症の治療法

抗VEGF療法

新生血管の成長や、血液中の水分が漏れ出すようになる原因となる物質が、VEGF(血管内皮膚増殖因子)といわれています。
この物質を減らす効果がある薬剤「抗VEGF」を、直接眼に注入することで、新生血管の出血や浮腫を軽減する新しい治療法です。経過を観察しながら、数回にわたって治療を続けていきます。

ほかにも、光線力学的療法、レーザー光凝固術などがありますが、抗VEGF療法が最も有効な治療法になります。

網膜静脈閉塞症

網膜静脈閉塞症とは

網膜の静脈が詰まってしまう病気です。
血液の流れが悪くなり、眼底出血や網膜浮腫を起こします。

網膜静脈閉塞症の原因

動脈硬化が大きな要因と考えられています。
また高血圧、動脈硬化、糖尿病の方にも起こりやすい病気です。

網膜静脈閉塞症の症状

下記のような症状が見られます。

  • ものが歪んで見える
  • 視野の一部が暗い・欠けて見えない
  • 視力が低下する

網膜静脈閉塞症の治療法

抗VEGF療法

新生血管の成長や、血液中の水分が漏れ出すようになる原因となる物質が、VEGF(血管内皮増殖因子)といわれています。
この物質を減らす効果がある薬剤「抗VEGF」を、直接眼に注入することで、新生血管の出血や浮腫を軽減する新しい治療法です。経過を観察しながら、数回にわたって治療を続けていきます。

レーザー治療(レーザー光凝固術)

網膜にレーザーを照射して、新生血管の発生を防ぎます。
網膜静脈閉塞症で血管が詰まっている場合、適応になります。
当院では地域で唯一、最新のパターンレーザー光凝固装置を導入しています。パターンレーザーは、複数のレーザーを効率よく同時に照射できるため、従来のレーザーと比べて痛みが少なく、短時間で治療できる利点があります。手術時間は15分ほどで外来通院による治療ができ、患者さまの負担が少なく、喜ばれております。

初めて来院される方へ インターネット初診予約受付サービス
高い安全性、安心の実績 日帰り白内障手術 まぶたが下がる、重いと感じる方 眼瞼下垂手術 40歳を過ぎたら年に一度検診 緑内障 加齢黄斑変性や糖尿病網膜症に対する 抗VEGF療法手術 その他の目の病気・症状 院長ブログ 須恵中央眼科 Facebook