コンタクトレンズ

遠近両用コンタクトレンズとは

遠くも近くも両方見えるコンタクトレンズです。
通常の単焦点のコンタクトレンズとは違い、1枚のレンズに遠用ゾーンと近用ゾーンを組み合わせたレンズです。

こんな方におすすめです
  • 40歳以上で、手元が見えにくいと感じている方
  • パソコン作業をすると目が疲れやすい方
  • 本や新聞の文字が見えにくい方
  • 老眼鏡をかけたくない方

遠近両用コンタクトレンズのメリット

  • 老眼鏡をかけなくても、遠くも近くも見えやすくなります。

遠近両用は通常のレンズと違って、視力検査のデータだけでは判断ができません。一人ひとりのライフスタイルや仕事の内容によってニーズが違うため、実際に使ってみないと自分にぴったり合うものが見つけにくいものです。
当院では、ほとんどのメーカーのレンズを取り扱っておりますので、患者さまに最適な1枚を選ぶことが可能です。
テスト期間は1週間ほど使ってみて、ご自分に合ったものを処方いたします。
2種類のレンズを使ってもらい、どちらかに決めてもらうこともあります。
費用は、通常のコンタクトレンズの2割増しくらいです。

特殊コンタクトレンズ

円錐角膜や非常に乱視が強い方など、通常のコンタクトレンズが合わない方のために、当院では特殊なレンズを処方しています。
特殊なハードコンタクトレンズを使い、患者さま一人ひとりにフィットするようにセミオーダーで加工を行います。
費用は、加工代も含めて通常のコンタクトレンズの1.5~2倍です。

円錐角膜の方へ

円錐角膜とは、角膜(黒目)が前方に突出してくる病気です。
視力低下の症状がありますが、不正乱視があるため眼鏡では視力を矯正できません。
角膜の突出を抑えるためにも、ご自分の目の形に合った特殊なハードコンタクトレンズを使用することが大切です。
進行すると角膜移植が必要になる場合もあります。

初めて来院される方へ インターネット初診予約受付サービス
高い安全性、安心の実績 日帰り白内障手術 まぶたが下がる、重いと感じる方 眼瞼下垂手術 40歳を過ぎたら年に一度検診 緑内障 加齢黄斑変性や糖尿病網膜症に対する 抗VEGF療法手術 その他の目の病気・症状 院長ブログ 須恵中央眼科 Facebook