日帰り白内障手術

白内障とは

目の中でカメラのレンズのような働きをしている水晶体が、濁ってきて視力が低下する病気です。

白内障の原因

老化による「加齢性白内障」がほとんどです。
アトピー性皮膚炎や糖尿病などの全身疾患に合併したり、外傷が原因となるケースもあります。

白内障の症状

水晶体の濁り方はさまざまなため、症状も人によっていろいろ異なります。
下記のような症状が主に見られます。

  • かすんで見える
  • まぶしくて見えにくい
  • 目が疲れやすい
  • ものがダブって見える

白内障の治療

日常生活に支障がない程度であれば、進行を遅らせるための点眼薬を使用します。

白内障が進行し、日常生活に不自由をきたす場合は手術になります。

白内障の手術

当院では、日帰り手術を行っております。
費用は3割負担の場合、片眼45,000円程度です。

手術の方法

麻酔は点眼麻酔で行い、痛みはほとんど感じません。
超音波を発振するチップを目の中に入れ、水晶体を砕きながら吸い出し、残った薄いふくろ(水晶体嚢「のう」)の中に人工の水晶体を挿入します。
目の状態にもよりますが、通常片眼15分程度で終了します。

手術当日の流れ

1ご来院

手術の2時間前にご来院いただき、受付をします。

2前処置

血圧を測定し、体調のチェックをします。
瞳孔を開くための薬(散瞳薬)や、感染予防の抗生物質を点眼し、手術前の準備をします。
お顔を拭いて清潔な状態にします。

3手術

15分ほどで終了します。
大半のケースは片眼のみですが、両眼を同時に行うこともあります。

4ご帰宅

15~30分程度、術後の様子を観察し、血圧や体調に問題がなければ帰宅します。
前投薬のため、ふらついたり眠くなったりすることがありますので、車の運転は控え、ご家族の方のお迎えや公共の交通機関などでお帰りください。

5帰宅後

通常通りの生活をしていただけます。
処方された点眼薬を使用し、目を強くこすることはやめましょう。
片眼の場合、眼帯は翌朝に外します。(両眼の場合は、眼帯は帰宅前に病院で外し、保護用の眼鏡をしていただきます。)

初めて来院される方へ インターネット初診予約受付サービス
高い安全性、安心の実績 日帰り白内障手術 まぶたが下がる、重いと感じる方 眼瞼下垂手術 40歳を過ぎたら年に一度検診 緑内障 加齢黄斑変性や糖尿病網膜症に対する 抗VEGF療法手術 その他の目の病気・症状 院長ブログ 須恵中央眼科 Facebook