2013.01.18更新

寒い日が続きます。冷え込みにご注意下さい。
お年を召されている皆様は、特に風邪やインフルエンザにお気を付け下さい。

小さいお子様の間ではノロウイルスの流行も見受けられます。充分な手洗い・うがいでウイルス対策を行って下さい。

昨日1月17日(木)夕方からの低気圧の影響で福岡県糟屋郡須恵町も一面雪模様になりました。本日交通渋滞を避け早めに出勤し、近隣の雪景色を撮影致しました。

若杉山 雪景色

【福岡県ではあまりない症状…雪眼炎について】

福岡市内ではあまり聞き慣れない言葉かもしれませんが、積雪の多い地帯でよく起きる症状です。今回の積雪では大丈夫でしょうが、春先までで積雪がある時はご注意いただければと思います。

スキーや積雪、冬季登山などで、大量の紫外線にさらされたときに、通常6~10時間の潜伏期をおいて急激に羞明(しゅうめい=まぶしがること)や流涙、異物感、眼痛などをおこすものをいいます。 *雪盲,雪目とも言われております。雪面から反射した紫外線が結膜や角膜に障害を起こします。自覚症状のほか、球結膜の浮腫や強い充血、瀰漫(びまん)性表層角膜炎(diffuse superficial keratitis)などが認められるようです。

冬は紫外線量が少なくても、晴天の雪面の反射は強烈です。長時間浴びると、当日の晩に激しい目の痛みに襲われることもあるので注意が必要です。

●紫外線をカットするサングラスをかける
●長時間の屋外活動をできるだけ控え、こまめに休憩をする などの対策でご対応下さい。

紫外線は目の健康には深くかかわりがあります。

紫外線は春先から増え始め、5月から9月頃まで多い状態が続きます。紫外線の多くは眼球表面の角膜で吸収されますが、角膜を通過した紫外線はレンズの役割を担う水晶体でほぼ吸収されます。
水晶体を通過した残りの1~2%は網膜まで到達します。

紫外線による眼への影響は、今回ご紹介の雪眼炎の他にもさまざまなものが考えられています。寒さも厳しくなるこの時期は、眼にもご注意下さい。

投稿者: 医療法人須恵中央眼科

2013.01.18更新

☆★☆★本年も宜しくお願い致します★☆★☆

2013年も1月4日金曜日より通常診察が始まり、新しい年がスタートいたしました。
新しい1年も気を引き締め、患者様のご信頼をさらにいただけるよう、診療・手術・コンタクト、眼鏡の処方などに研鑽を積んでまいります。

本年も宜しくお願い致します。

初日の出

初日の出を機内から見ました。福岡市上空の雲海から…。新年のスタートを特別な思いで迎えました。

理念は眼科を開設してからほぼ変更がありません。これが院長自らの開設の理由だからです。
小さい眼科であっても、全員で心の通った医療を心がけてゆく為に、更に本年の使命があると思います。

2013年の使命(MISSION)を達成する為、
●患者様と同じ目線に立った診療システムの充実。
…お年寄りから、お子様まで、どんな方が来院されても、同じ立場となり、その患者さんの症状の治療をできるだけスムーズにできるよう、診療のシステムを更に向上させてゆきます。

●患者さん一人一人とよく話し合い、最良の医療を提案するコミュニケーションの向上。
…患っていらっしゃる患者様の状態をご理解申し上げ、その訴えに対しての最良の治療方針のご提案ができるように、問診内容、検査内容を明確、かつ精密度の向上を致します。
●最新の医学知識の研鑽、最新医療技術の継続導入。
…眼科の疾患の最新事情、新薬、新しい診療情報に関していつも研鑽を積んでまります。また、眼科の検査や手術機会は日進月歩。きちんとアップデートされた先端技術の導入を行います。
●医療の透明性、安全性の更なる確保。
…希望者へのカルテの開示、医療相談、診療項目のご説明、お薬のご説明など、【何故必要?】【どうしてこうなるのか?】というご不明点が無くなるように、丁寧なご説明を行います。また診察、レーザー治療、そしてもっとの重要な白内障手術に関しての安全性の精度を向上します。
●WEBやSNSによる継続的な情報公開。
…「眼科の内部や、医院の考えなどを、院外から確認することがまだまだ難しい」とのご意見が、保険医療施設ではよく耳にします。この点に関しても当院では専用眼科ホームページやFACEBOOK PAGEを媒体として、より当院のムードや取り組みをご理解頂けるよう、更新回数をアップさせ、よりタイムリーな情報発信を行ってまいります。

本年も引き続いて【あなただけの眼科】となれるよう、皆様の目の健康に貢献を続けてまいります。
須恵中央眼科を宜しくお願い申し上げます。

投稿者: 医療法人須恵中央眼科

初めて来院される方へ インターネット初診予約受付サービス
高い安全性、安心の実績 日帰り白内障手術 まぶたが下がる、重いと感じる方 眼瞼下垂手術 40歳を過ぎたら年に一度検診 緑内障 加齢黄斑変性や糖尿病網膜症に対する 抗VEGF療法手術 その他の目の病気・症状 院長ブログ 須恵中央眼科 Facebook